ニュース

会社概要

SuperOx Japan合同会社は、2011年に次世代高温超電導(2G-HTS)線材の研究開発会社として設立されました。当社は、主に超電導線材の製造販売を行っております。研究開発成果を活かして、超電導線材の製造販売だけではなく、線材を応用した様々な実用機器の開発にも取り組んでいます。超電導薄膜の優れた性質をエネルギー分野に応用するための技術開発も平行して進めています。安全・安心でクリーンなエネルギー供給を可能にし、人々が未来に向かって継続的に発展するために少しでも貢献したいと考えて努力しております。2011年末にさがみはら産業創造センター(SIC-3)に実験施設を開設いたしました。そして、2012年4月にバッファーテープおよび超電導線材を生産するための最初の装置を導入しました。2012年8月には、長さ50mで臨界電流が300Aの超電導線材を初めて発表することができ、2012年の第4四半期に商用生産を開始しました。

メンバー紹介

リー・セルゲイ

リー・セルゲイ

CEO

ペトリキン・バレリー

ペトリキン・バレリー

研究開発本部長

蓮尾信也

蓮尾信也

顧問

技術情報

SuperOx Japan 合同会社における2G HTS線材作製の鍵となる技術は、マグネトロンスパッタによるMgO- IBAD組成形成プロセス、PLDによるGdBaCuO超電導膜の形成です。

続きを読む

製品情報

SuperOx Japanの主な製品は、第二世代高温超電導(2G HTS)線材です。電気抵抗がゼロであることや、非常に高い磁場中での安定した動作などの優れた電気特性を示します。当社の2G HTS線材はこれらの特性を十分に利用できるようにするため、ナノメートルレベルの厚み制御により高度な製品に仕上げています。

続きを読む

弊社のお取引先

お問合せ

  • SuperOx Japan LLC
    Sagamihara Incubation Center (SIC-3)
    1880-2 Kamimizo, Chuo-ku
    Sagamihara, Kanagawa 252-0243
    Japan
  • +81-42-707-9044
  • www.superox.jp
  • @soj@superox.jp

私の個人データが処理されることに同意します